購入する結婚指輪選びは相場をチェック!【選ぶ決め手の一つ】

選ぶ際の基準とはなにか

ハート

デザインと素材と価格

結婚指輪を選ぶときの3大基準は「デザイン」「素材」「価格(相場)」です。結婚指輪は一生に一度きりのもので、年齢を重ねても同じ指輪を身に着けます。そのため若い頃の感覚で選んだデザインが歳を重ねてに合わなくなったというケースも少なくはありません。また、日常的に身に着けることから家事、育児、仕事に支障をきたさないシンプルなデザインが好まれています。デザインとしては、リングの形状と幅が大きなポイントになるでしょう。例えば、指が短めな人はウェーブラインのリング、指が太めの人はV字ラインが似合います。リング幅は2.5mmまたは3mmが主流です。これより細い幅だと男性の手には繊細すぎ、これより太い幅だと女性の手にはインパクトが強すぎます。素材はプラチナが主流で、次いでゴールドが人気です。プラチナは変色や変形のリスクが少ないので、白銀の輝きを保ち続けられます。ゴールドはホワイト、イエロー、ピンクなどカラーも豊富なので他とは違うリングカラーを楽しめるでしょう。中にはプラチナとゴールドを合わせたコンビネーションリングを選ぶ方もいます。価格は1本あたり10万円〜20万円未満での購入率が最も高くなっていますが、10万円未満の購入率も低くはありません。そのため全体の相場は2本で20万円ほどです。相場はあくまでも目安なので参考程度にしましょう。婚約指輪を購入しない場合は変わりに結婚指輪を奮発するというケースもあるようです。相場は無視できませんが重要なのは満足いく結婚指輪を購入することです。

Copyright© 2018 購入する結婚指輪選びは相場をチェック!【選ぶ決め手の一つ】 All Rights Reserved.